介護老人福祉施設とは?

男性の画像

介護老人福祉施設は、定員が30人以上の特別養護老人ホームの事です。
県に申請し、認可を受けた施設のみが名乗る事が出来ます。身の回りのお世話や食事、トイレなどは特別養護老人ホームとさほど変わりません。

 

介護老人福祉施設は、介護者の自立を目的としているので不必要な介護は極力行わない様にしています。初めに面接や計画などを厳密に組み上げ、どうしたら今の状態を維持、もしくは改善をする事が出来るかを模索します。

 

定期的に状態を見て細かく方針を変更していくのも特徴ですね。介護は行いますが、あくまで目的は自立だと言う所が普通の老人ホームとは違っています。
なのでサービスを受けられると言うとちょっと語弊もあります。
自立のためにそれなりに厳しく行っている部分もあります。必要によってはリハビリも行いますし、出来る事は自分でやらないといけません。

 

病院から退院はしたが、そのまま自宅に帰るのはかなり困難、と言う理由で入居する人もいます。一時的な施設という事です。ずっとその施設にいるのは難しいでしょう。出る事が初めから決まっているような物なので、比較的入居する事が出来る施設でもあります。出入りが多いという事ですね。

 

そういう方針での施設だと言うだけで、それにそぐわない方も入居している現実は確かにあります。最近では介護内容の違いなども少なくなってきているので、自立目的でない入居、と言うケースもあります。ですが審査などは方針に従って行われますから、終身を希望されるのであれば介護老人福祉施設では無い所を探した方が良いと言えます。

おすすめの介護施設検索サイトのご紹介

介護老人福祉施設とは?


介護老人福祉施設とは?