介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い

ご案内

介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームと最近耳にするこの言葉の違いは何になるのでしょうか。

 

介護付有料老人ホームは、介護に特化した老人ホームで居住した場所で必要な介護のサービスが受けられます。
「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていることで、その老人ホームの施設スタッフが介護や食事のお世話をすることができます。

 

一方、住宅型有料老人ホームは、介護付有料老人ホームとは違い「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていません。これにより、介護などが必要になったときには外部の事業者を利用するというものです。

 

住宅型有料老人ホームは、住む場所と食事は提供してくれますが介護をする人が施設内にいないことがあります。
けれど最近は住宅型有料老人ホームのスタッフもヘルパーなどの資格を取得している人がほとんどで、食事のケアなどができるといいます。

 

どちらが自分に合うのかはその時の状態だけでなく、数年先の体の健康からみる状態にも関わってきます。
どちらも有料老人ホームですので、お金のいることですからしっかり考えることが大切だと思います。

 

日本人の男女の平均寿命が伸びてきて、街中や自分のまわりでも当たり前のようにお年寄りが増えてきました。
そこで将来、自らがどういった老後を過ごすのか身の振り方を決める人も年をとるにつれて多くなってきていると思います。

 

しかし自宅で過ごしたいと考えていても現実問題、子供たちは共働きなどで忙しく介護などが負担となってくるかもしれません。なので老人ホームを利用したいと自らの強い希望や家族からの提案もあると思います。

おすすめの介護施設検索サイトのご紹介

介護付有料老人ホーム,住宅型有料老人ホーム,違い


介護付有料老人ホーム,住宅型有料老人ホーム,違い